So-net無料ブログ作成

低温やけど [病気]

大河さん、昨年12/27に湯たんぽで低温やけどをしました。

年末年始だったので、病院を転々としまして。
いった病院4つ。


最初の病院では、お風呂絶対ダメといわれたけど、次の病院ではシャワーでよく流してくださいとのこと。
やけどの治療は、新しいものと古いものとで結構わかれるようですね。

でもって、大みそかは、菌が入ったのか大河さん発熱。
やけど自体は、深くて逆に痛みはないようですが、傷のまわりがかなりはれて、足をつくのも痛いほど。

休日当番の病院へいき、上の皮が死んでいるので、そこにせっせと軟膏をぬっても吸収されないからということで、皮を取ってもらい、抗生剤も出してもらいまして、無事に翌日は解熱。

で、年が明けて、やっといつもいってる皮膚科へ。

2か月かかるよ~といわれました。

ゲーベンというクリームで、汚い皮膚をとかして、そのあとプロスタンディン軟膏というので、皮膚を盛り上げていくことになりました。

だいぶ良くなりましたが、まだスイミングはお休み。
もう一息かな。


以降、1週間ごとの画像をのせます。
気持ち悪いので、苦手な方は、飛ばしてくださいね。

皆様も、湯たんぽなど子供に使うときはご注意を。 



火傷後、10日くらいたったころの画像です。

DSC_0187.jpg

 

その後1週間。

だいぶ、汚いのがとけてきました。
いたそうです。
DSC_0199.jpg 

 さらに溶けてきました。
DSC_0208.jpg

このあと、ゲーベンからプロスタンディン軟膏に変更。
加速度的によくなっていきました。

DSC_0218.jpg

DSC_0220.jpg

傷の周りからピンク色の皮膚になってきました。

そして、直近。

もう、お風呂もほとんどしみなくなりました。
見た目も乾いて、薄皮?が張ってきた感じです。

もう少しだね!!

DSC_0238.jpg

 


nice!(2)  コメント(4) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。