So-net無料ブログ作成
検索選択

卒園式と、インフルエンザ [保育園]

とうとう、この日がきてしまいました。

毎日ばたばたと過ごしてきたけど、卒園までは、より一層落ち着かない日々。
でも、考えると、寂しくて仕方なくなってしまうので、バタバタしててよかったよ。

もちろん、そんな我が家は当日もアクシデントあり。
夜、なんか大河の様子がおかしーなと思っていたのだけど、卒園でいろいろ考えているのだろうなと思ってもいて。

でも、やっぱり、朝熱を測ると37.4。

でもでも、今日は行くしかない。
グテグテの息子を奮い立たせ、連れて行きました。
触った感じ、もうちょっと熱がありそうだったけど、もうはかるまい!
みなさん、許せ!

当日は、一人ひとり、礼をして、胸を張ってホールに入ってくるみんなの姿に、いきなりやられ。

久々につけたマスカラを気にしながら、涙をふきつつ。

なんと、みな立派になったことかと、感慨にふけっていました。


式も終わり、茶話会では、保護者の出し物として、手話つきの歌など。
私はピアノ伴奏でした。
ゆうさん連れだったので、どうなるかと思っていたけど、おんぶしたままピアノを弾いてみました。
意外と行けるもんだ。


茶話会も和やかに終わり、記念品の皆の顔が付いたマグカップも素敵だったけど、スライドをつくってくれたママがいらして。
その出来がものすごくて。
大変だったろうな~。
宝物です。

120316_102550.jpg

して、自宅にいったん帰り、謝恩会まで待機。
息子、この時熱は37.7。

少し昼寝させると、その後、38.4。

顔も真っ赤。

でも、お金を払いにいかなければいけない事もあり、とりあえず顔だけ出して、先生に挨拶して帰ることにしました。

結局、1時間半くらいいたけど、担任の先生以外は、まだ来なさそうだったので、帰ってきちゃいました。

その足で病院に行くと、インフルエンザA。

はーん、みなさん、ごめんね~。

うすうす、そうじゃないかな~と危惧してはいたんだけどね。
許してね~~~~~。

ゆうたさんにも、たぶん移ってるだろうからと、タミフル処方。

ま、でも、大河さんは、翌日には解熱。月曜日は休んで、今日から登園許可をもらって登園してます。
ゆうたさんは鼻水たらすぐらいで熱も出さずに過ごすことができました。

良かった。
卒園式も、半ば無理やりだったけど出られてよかった。

これで、あと残りの保育園ライフは元気にいってくれるかな。


そんなこんなですが、本当に皆卒園おめでとう!!

それから、保育園も、クラスの皆も、保護者の方々も、大好きです。
これからも、よろしくね~~。


nice!(2)  コメント(4) 

お別れ遠足 [保育園]

遠足と言えば、キャラ弁。

小学校になったら、キャラ弁はしないぞ!と思い、最後だからやるかとやりました。

でも、もともとチマチマ作るのがむいてない私。

毎回かなりプレッシャーなのです。
今回は、真っ白のごはんに、飾りの野菜だけ詰めて、おかず作り忘れたまま持たせた夢をみて、息子が泣いて「お母さんのばか!!」といったところで目が覚めました!

120224_071956.jpg

フー。
これで、保育園での母の義務は果たしたぜ。

あとは、楽しくいって来い!!


と。
無事に、とっても楽しく動物園と科学博物館?に行ってきたみたい。
園長先生と回ったみたいなんだけど、園長先生が自らふれあい広場にいきたい!と。
なので、大好きな動物も撫でれたそうで。
良かったね!

あとは、卒園に向けてまっしぐらです。
は~。何度も言ってるけど、淋しい!!


nice!(1)  コメント(0) 

保育園が決まりました! [保育園]

吐血騒動で、先行きにちょっと不安を感じていた里帰りでしたが、朗報もありました。

ゆうさん。
早くも保育園が決まりました!

6月からキャンセル待ちで予約をしていた認証保育園が、区立を申し込まないのなら、4月から入園可能ですと連絡をくれました。


区立は申し込んだとしても、求職中の状況では、入れる可能性は0に等しいと、区の保育課の方にも言われいたのもあり、決めてくれるなら申し込みません!ということで、そこの保育園に決めてしまいました。

区立ではないので、保育料が気になるところですが、杉並区には認証だと保育費の補助があるので、ざっと計算すると、区立の0歳児の保育料とほとんど変わらなくなりそうです。
大河さんの時は、区立に入れる前は、月に8万くらいするところに預けていたので、それを考えればだいぶ助かる感じです。

延長も0歳児でも8時半までできるとこなので、何かの時には大助かり。
大河さんが行く予定の学童とも、おそらく徒歩で10分以内につく感じ。
しかも、3歳未満までしかいれないところなので、いずれ区立に転園はできるでしょう。

色々、バタバタする0,1歳はやっぱりアットホームで融通の利くところが助かりますし、願ってもないところに決まって小躍りしている私です。

唯一不安は、まだ見学をしていない事。
明日入園の手続きにいくので、いろいろ聞いてこようと思っています。


しかし、保育園は絶対決まらないと思っていたので、1月の産明けすぐに就職活動をして、すぐに職を決めて、2月にある、4月入園の最終選考までに仕事をきめて、なんとか最後のチャンスにかけようと思っていたんです。

しかも、一応、5月からなら預かってもらえる保育園も1件押さえておいたのですが、それまでの間は、実家から仕事に通ったり、ヘルパーさんを雇ったり、かなり大変になるだろうなと思っていたんですよね。

そこまでする必要がなくなったので、これで少し余裕をもって職探しができるし、もう少し、ゆうちゃんの育児に専念ができます。

ほんとに良かった。


ということで、次の目標は、職探しです!
かなり厳しいとは思いますが、頑張りますよ~。


nice!(1)  コメント(4) 

後悔の一品 [保育園]

もう、多くは語るまい。
息子の芋堀遠足への弁当。
今回は掛け値なしに、やってしまった。
息子ご執心の仮面ライダーオーズは、絶対難しいだろうからと、最初から諦めて、オーズで出てくるメダル弁当にしよ!

と、安易にトライした私。
気付けば、最初はなかなかいいかも!なんて、鼻歌交じりで作ったメダルおにぎりは、ごへい餅みたいになったし、味はしょっぱいし、おかずもメダルっぽく!なんてやってみたら、切っただけの物たち集合!になってしまった。

母の味付けといえば、レタスの下に潜っている、昨夜の残りの鳥の照り焼き。

さすがに反省した。

というか、後悔した。

完コピしたマチャみさん、あなた何者ですか?!
すごすぎです。


息子よ。
ご勘弁を!

101026_064706.jpg

nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:育児

運動会でした [保育園]

一度延期になった運動会が、無事に終わりました。
保育園の園庭は狭くて、観覧しづらいので、近くの小学校の体育館を借りる借りないで、何度かアンケートがあったりして、去年は体育館で開催。
今年は、園庭で開催。
どちらもメリット、デメリットがあるので、一概にどちらがいいともいえないですね。

体育館は、圧倒的に見やすい。

園庭は、こじんまりしたシートをひいて、前列でみれるのは3家族くらい。
あとは、後列にもう1列シートひいたら、あとは立ち見ですよ。

でも、個人的な好みでいえば、園庭の方が、すぐ近くで皆をみれるので、親密感っていうんですかね、そういうのが持てるし、集中して見れるのでいいかも。

息子は、鼓笛隊・かけっこ・玉入れ・ダンス・親子競技にでました。
鼓笛隊は、大太鼓を緊張した面持ちでたたいてましたね。
かけっこは、たぶん、4人中3位とかそんなんだったかな?
玉入れは、トイレに行きたかったのか、ちょっと落ち着きがなく、おふざけモード。
でも、ダンスは、ビシッと踊っていました。
クラスの皆も、元気よく、そろっていて、とってもかっこよかったです。
皆の表情も、立派で、すっかり大人びて。
成長したもんだわ。

そして、そんな保護者の競技。

うちのクラスの保護者。
なんだか団結力あるんじゃないかな。

かなり浅ましい展開で1位になって、笑いました。

この園でやる運動会は、来年あと1回で終わり。
ちょっと淋しくもあり、でも、どんな成長をみせてくれるのか楽しみでもあります。


とりあえず、秋の一大イベントが終わってほっとしました。


nice!(1)  コメント(3) 

最近ちょっと気が抜けてます [保育園]

最近、息子が嫌がらずに保育園に行くようになりまして。
安堵感を覚えると同時に、保育園への慣れも手伝って、すっかり気が抜けている母。

気づけば、着替えがなくて借りる頻度が増え、借りたバスタオルを返し忘れていたり、提出しようと張り切っていれておいたぎょう虫検査も、送り担当の旦那に提出するよう頼まなかった為、鞄に入ったままだったり、ちょっと酷いことになっています。
こりゃいかん。

で、先日。

保育園のママさんから貰ったメールで、遠足ですね!なんて。
え、えんそく~~~!!
そういや、そろそろあるんだった!!
やっちまったか?と、ちょっと血の気が引きました。

よく読めば、来週ってかいてあるし、そうだ、12日だ!と思い出して、血の気が戻ってきましたが。
(マチャみさん、ありがとう)

いやいや、危うくやっちまうとこでした。
ここらで気を引き締めないと。

てことで、遠足。
手抜きしつつも、一応キャラ弁やっときました。

前回のリベンジということで、ダブル弁。
100512_070638.jpg

前回、弁当が揺さぶられて、目とか色々吹っ飛んでなくなっていたという経験を生かし。
今回は、ぎゅーーーっと押しこんでみたり、マヨとか接着剤代わりにつけたり。
飛ぶなよ!トマト!!

何気に、ダブルって楽。何が楽って、のり切るのが楽。

でも、味付けるの忘れました・・・。
ゆで卵は、タマゴ2個しかなかったのに、1個割れて中身でて、えらいことになってゆであがって、慌てて、ラス1のタマゴ祈りながらゆでたりして。

なんか、波乱気味でしたけど、完成。

心配してたお天気も、なんとか持ち直したみたいで、無事に目的の公園いけたそうで。
良かった♪

しかし、母、今後は気を引き締めていきたいと思います。


でもって、遠足後。
お弁当全部食べたかな?と恐る恐る空けたら、味付け忘れたノリご飯部分だけ1口食べて残してありまして。
やはり、おいしく無かったですね。
すいません・・・。

ほんと、気を引き締めないと・・・。


nice!(2)  コメント(3) 

問題児騒動~解決へ(多分) [保育園]

皆様、お忙しい中、暖かいメッセージ、コメントありがとうございます!
心から、感謝しております。
貴重なご意見として、私の心の育児メモに書き加えさせて頂きます。
今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。


では、前の記事の続きを。

突然、延長時間を短くする話を言い渡され、日ごろの息子の行動の不安がつのり、担任の先生に、正直に胸のうちをお手紙にかきました。

24日の朝にお渡ししまして。

内容の主旨としては、息子は私達が思っている以上に、集団生活ができていないのか?ということ。そうであれば、現状をはっきりお話いただきたい。
最近、不安になる話しが多く、解決策も解らないので、不安が増すばかりだというようなことです。

ま、昔から2月生まれの彼は、何をやっても誰かより上手にできてることはなく、工作なんかもほとんど先生の手によるもの。
それでも、仕方ない、息子なりに頑張ってるんだし、期待がプレッシャーにならないように、と、息子はできなくて当たり前と思っていました。

でも、それが、私達が思っている「できない」を、度を越えて出来ていないのでは?
という不安がここにきてでてきたわけです。
また、先日の先生からのお話も、その不安を後押ししまして。


で、話を進めますが、このお手紙を出した日、会社について1時間で保育園からお電話が。
息子が下痢が酷く、粘液みたいなのが出ているので、お迎えをお願いしたいとの事。
また、保育園でもお腹の風邪が流行ってきているそうで。

前日の夜から、腹痛を訴える息子。
朝も、だいぶやわらかい便を大量にしました。
その後は、すっきりした様子だったし、熱も嘔吐も無かったので、連れて行ったのですが・・・。
やはりダメだったか・・・。

手紙を出したばかりというのが、ちょっと気まずいけど、仕方ない・・・。

早退させて頂いて、お迎えに行きました。

で、この日は、先日延長中止を言い渡した先生本人はお休み。
もう一人の女性の担任がいらっしゃいまして。

着くなり、「お手紙読みました!!」
といって、息子の様子を話してくれました。

息子は、確かに今そういう面はあるが、それは誰にもあるスランプ、伸び悩みの時期で、その繰り返しで成長していくので、心配ないです。と。
また、今は、前はおねしょしても知らん顔だったけど、最近はやばい!って思うようになって、おねしょしない日もぽつぽつでてきて、1ステップ上がってきた感じ。
だから、次のステップとして、今度は、パパママの負担にならない程度で、月に1度でも2度でも、お夕食を食べる時間を増やしてみては?という意見があって、2時間延長ではなく、1時間延長の日をつくってみては?ということだったんです。
お休み明けとか、たいがくん、すごく満たされた顔してるし、1時間だけの延長で早く帰れる日は、すごく嬉しそうで、皆に言って回っているんです。


という話をして下さいました。


聞いて、まず、安心しまして。

・・・でも、延長中止の件、とりあえず聞いてた話とゼンゼン違うね。
真逆だね・・・。


先日は、そうは聞いてなくて、手続き上、無理だし、ってことで来月からは1時間です!
って話だったので困っていたのですが・・・。

「というと、ええ???
いやいや、2時間を辞めてって話じゃなくて、負担にならない程度に1時間の日を増やしてもらえればってことで、話していたんですが。
もう一人の先生も、同じ気持ちのはずなんですが・・・。」


そうなんですか??
今月中に書類出してくださいって言われて、無理なんで、諦めますって話をしたんです。

「そうなの~~~?
いやぁ、そんな話じゃないんだけどな・・・。」

それで、おねしょだし、泣き虫だし、もう延長は出来ませんていう風にも取れちゃって・・・。
というと、


「そうかそうか~。
そこで、食い違いが合ったんですね~。
ママ、色々考えちゃったでしょ。
昨日なんか休日だったのにね。
一日悩んじゃったね。
ごめんなさいね!!」


なんていわれた日には。
ワタクシ、子供たちの前で泣きました。

で、まあ他にも色々話をして、かなりすっきりしてきました。
手紙書いてよかったです。
また、この先生もお子さんがいらっしゃるので、いつも5時でお帰りになり、ほとんど顔をあわせられないんですよね。
先生と直接お話できてよかった。
息子が早退したおかげですね。

にしても、天と地ほども違うこの話。

もう一人の先生は、いつも一生懸命だけど口下手なので、話してるうちにこんがらがっていっちゃったのだろうと思うことにします。
(案の定、後日、「できれば」だったんで!心配させちゃってすいません!と謝ってくれました)

でもって、年明けからは、夕食を食べる日を増やします。


さて、もう1つ。

気分も晴れ晴れと息子を連れて保育園をでまして。
小児科へ。

休み明けの病院の混んでること。

でも、今日こそは!!とばかりに、下痢と、別件で頻尿についてご相談したいとお願いしまして。

お腹の方は、特に心配なく、ビオフェルミン出してもらっておしまい。

で、頻尿の方は、小児はほとんどが心因性なのでねぇ・・・。
お薬で抑えることはできるけれど、午後にくる大先生が専門だから、もし午後これたら午後にきてみては???

とおっしゃっていただきまして。

お昼を済ませてから、再度病院にくることにしました。
様子を見ましょう、で終わりになるかと思ったけど、なんか良かった。

大先生は、文字通りおじいちゃん先生でして。

もう、かわいらしいんです。
注射なんかも、
「ああ、痛かったね、おおお、悪い先生だねぇ、許してねぇ。
ああ、あなたは強い子だなぁ。えらいなぁ。」

と、ほそーく優しい声で歌うように言い、実際とっても優しい。
診察も10分くらいかけて、色々話をきいて、すごく丁寧に見てくれて、すごく細かく注意をくれます。
うちの子より辛そうに待ってる方が、たくさんいますよ!と私の方が心配になるくらい。


で、午後一で見ていただきまして。

診察時間、実に30分越え!!!
激込みの待合室のことなど、どこ吹く風。
(まあ、もう一人先生がいらっしゃるので大丈夫なのでしょうが)

で、まず尿検査から始まりまして。
簡易検査は問題がないが、検査機関に出して調べますとのこと。

で、先生とのお話が始まりました。

8月から、急に、お昼ねの時におねしょをするようになったことをまずいうと、

「その時期から何か生活で変わった事は?」

8月ではないが、5月くらいから夕食を保育園で食べるようになったこと。
あとは8月は病気の猫ちゃんのお世話にかかりきりだったこと。
そんなことをいいました。

すると、即、その夕食が原因と思われたようで、仕事変えてでも、お夕食を一緒にとって上げなさいと。

子供は、あなた方と同じです。
今のあなた方ではなくて、あなたが子供だった時と同じということです。

その頃、どうでしたか?
親と一緒が良かったでしょ?
お母さんの作ったご飯食べたい、甘えたい、話をいっぱい聞いて欲しい。
同じなんですよ。


・・・ついさっき、保育園で聞いた話と同じです。
もう、返す言葉もなく、間違いなく息子は神経性頻尿なんだと納得しました。


続けて、
おしっこ、バタバタいく癖がつきましたね?
おしっこ!って大騒ぎすると、お母さんがかまってくれる、構って欲しくて、バタバタするんです。」

ははぁ、なるほど。

「なあ、僕はえらいもんなぁ。
お母さん、好き??
保育園の先生は???
じゃあ、保育園の先生とお母さんどっちが好き?
そうだろう?お母さんだよなぁ。
先生わかっちゃうんだよ。

ね、お母さん、この方(息子のこと)のおねしょは絶対治ります。
まず、治ると信じること。
ぜーーっ対に治ります。
おねしょはお薬で抑えることもできますが、必ず原因があります。
原因を取り除くことが第一なんです。

それから、ゆったりトイレに行かせること。
失敗はこの方の責任じゃ有りません。
叱っちゃダメ。

それで、お仕事お休みの日にまたいらっしゃい。」

はい。どうぞ宜しくお願いいたします。

で、この30分の間に、息子は一度便にいきまして。

この後更にもう一度お腹みせてね~とお腹も診察してくださいました。

これは、まだ下痢がしそうなお腹ですね。
抗生剤が入ったお薬を出しなおしましょう。

それから、お子さんは、下痢は一日4回以上したらお風呂に入ってはいけません。
今日はもう4回ですから、今日はお尻洗うだけね。

あと、食べ物はこれね。
揚げ物とかは当分絶対あげないでくださいね。

などなど、細かに教えてくださいまして。

なんかもう、診察というより、母親がカウンセリング受けた感じで。
もう、何でも言うとおりに致します。ってなもんで。

保育園といい、病院といい。
もう、ありがたいのはもちろんですが、おねしょは、息子からの母ちゃんLOVEのメッセージという事実が・・・。
今まで、淋しいんだろうなってのは思ってはいたんですけどね。そんなに?
今日はもう痛感しすぎて、なんだか言葉が出ませんでしたよ。

先生に絶対治るといってもらったことが嬉しかったし。
息子も、絶対治るよって言われた時、すごく嬉しそうにニコってしてました。


これでおねしょがすぐ直るとは思ってないけど、ここにきて、色々悩んでいたことが一気に解決できた気がして。

気持ちよく年を越せそうです。

すごく重い日でしたが、いい一日でした。


でもって、夜。
いやー、大変だったね、何もできなくて悪かったね、これちょっとだけど、と、旦那がコンビニ袋をだして。

無造作に、ファミマのチキンをお皿に。

そのとたん、下痢だっつってんのに!!と、私に怒られた不運な旦那でした。
091224_160307.jpg←ごっこ遊びテントです

間が持たなかったので今年のプレゼントはさっさとあげました。


nice!(2)  コメント(6) 

問題児騒動…先生に手紙を [保育園]

世間ではクリスマスイブですが、今日は私にとっては非常に重い一日でした。

会社に着いて1時間で保育園で呼び出しのお電話。

でも、今思えば、今日はそれで良かったのかも。


事の発端は、22日のこと。
お迎えにいくと、担任の先生がいて、こんな話をされました。

たいが君、進級してから不安定だということで、今まで、2時間延長にして様子を見ていましたが、園長先生ともお話をして、来月から1時間に戻しては?ということになりました。
大河君、いま不安定なんで。
晩御飯はやっぱり一緒に食べて、パパやママとおうちにいる時間を増やしてみては?ということで。

って、いきなりそんなことを言われまして。

理由はごもっともかもですが。
当初は2時間延長ができるはずのない、勤務時間帯だったのを、保育園のご配慮でできるように取り計らって下さったのは感謝してますけれど…。
急に言われても、今はお蔭で旦那も残業できるようになってますし。
私も必死で走って帰らなくても済むようになりましたし。
その分遊び歩いている訳ではないので、急に言われても困ります。

で、延長しないといわれても、その分のお仕事はまだあるわけで。非常に辛いところだと。

と、先生に行うと、今提出されてる勤務内容だと、区の方から文句を言われるんです。
それでも延長したいなら、勤務内容を再度出してください。

しかも、「時間無いですが、今月中にお願いします。」
と、追い討ち。

今までは、なんとかなりますから、とやってくれていたのに、どうして急に?

でも、保育園にご迷惑はかけられない。

で、旦那は書類はすぐ出せるけど、私は派遣ですから、勤務内容を変更した書類などは書いてもらえない。
というと、

「片親だけではだめです。」

というので、では、私の分は出せないので、諦めます。
その都度お願いすることにします。

と、先生の意外に冷たい態度に、私もちょっとむっと来ました。

あげく、「たいたい、ママが来ると全然ちがうな。」と息子にいい、
「さっきなんか、他の皆は普通に歩けているのに、たいたいだけフラフラしてあちこちぶつかりながら歩いてて。まっすぐ歩くだけもできないんですよ。座っていても、こう首をがくっとして元気なくて・・・。」

まっすぐ歩く事すらできないって・・・。

なんていえばいいんだ・・・。
先生も疲れていて、ちょっと言い方がきつくなってしまったのかもしれないけど、どうしてそんな意地悪な言い方をするのだろう?


でも、息子がその先生に対してちょっと緊張しているようで。
先生も、前息子に対して接していた態度とはだいぶ違うような・・・。
それは、息子を赤ちゃんではなく、幼児として扱ってくれているからなのか・・・。

まあ、それは置いといたとしても、とにかく来月からいきなり1時間早くお迎えにいかなきゃいけない。

どうするか。

色々、考えていたら、かなり理不尽にも思えてきた。

でも、どうして急に?

でも、最近、思ったことがいえなくて泣いてしまったり、泣いてその後行動できなかったり、おねしょは治らないし、まっすぐすら歩けないし・・・。
もしかして、息子は私が思っている以上に問題児で、暗に、2時間延長が摘要できるような状態ではない!ということだったのか?

そんな思いが湧きあがってしまい。

家に着いてから、呆然と、越境してるから、遠くて大変なら自分の区の保育園に転園してくださいといわれたらどうしよう。次は辞めてくださいといわれたらどうしよう・・・。

そんな不安も起こり・・・。

かまってほしくて泣いてる息子も情けなくて、久々に私も泣きました。


これは、ただ悶々と思っていても仕方ないので、思うことを担任の先生に相談してみよう。
と、お手紙を書きました。
感情的な部分は極力削って、2日にわたって書きましたよ。

24日に先生に渡したわけなんです。


この続きは長くなったのでまた次回。

とほほ、子育ても、越境も、派遣も大変ですわ。


nice!(3)  コメント(4) 

先生とお話し合い [保育園]

お迎えに行くと、息子の担任がいて「あのーちょっとー・・・。」
という。

真剣なお話がある時の雰囲気だ。

またおねしょか??
異常食欲か??

はいはい今度はなんでしょ?
聞くと・・・。

先生の話はこうだった。

最近、たいたい・・・。
ちょっと、泣くことが多くて・・・。
で、泣くだけならいいのだけど、泣いた後何もしないんです。
例えば、お昼ねが終わると、お布団をたたむんですが、
たたもうね!というと、
ウックウックとなって、ワーッと泣いてしまうんです。
で、できないなら手伝ってやるんですが、その泣いたままやろうとしないんです。

今日も、お当番さんで、お昼みんなに色々配るのですが配ろうとせず、その後うがいを忘れたことに気づいて皆より後から席に着いたんです。
いざ食べようとしたら、自分が何も用意してないので当たり前なのだけど、自分のものが全く無くて、大泣きして。
で、泣かないで用意すればいいよね!って言っても、泣いてダメなんです~。

で、最近そういうようなことが多くて・・・。

そのぉ・・・お家ではどうでしょう??


と。

私もすぐに思い当たる。

家でも、最近特に、着替えなんか絶対自分でしようとせず、やってーー!!と泣く。
ダメだといってもやるまで泣く!!
また、ちょっとのことでもすぐに泣く。
風呂に入っておいでよ!と言っただけで
「たいがくん、お風呂きらいなんだよ~!」と泣く。
せめて泣かないで言えないものか、と常々思っていた。

なので、うちでも保育園の様子と同じだと伝える。

先生も、
そうですかー。
なんか、4月にできてたことが、明らかにできなくなっていて・・・。
なんか赤ちゃん返りってんですかねぇ・・・。
赤ちゃん返り・・・。


あのーー。

たいたいママもしかして・・・?


と、先生ちらりと私のお腹をみる。


わ!もしやそれが聞きたかったのか??


違います違います!!!
(この腹は自腹です!!ちきしょー!)

残念ながら完全に違います。
そんな勘違いもされつつ。

因みにこの先生、若手の男性なのですが、ご兄弟が多く、一番下の子は確か大河の1コ上くらいだったか?
とそれくらい近いので、先生としても家族目線としても子供の事を割と理解してくれているので私も色々話がしやすいのです。


で、まあどうすべきかなんてことを話ししまして。

よし!今日は話し合いだな!!と息子と帰った訳です。

帰りの自転車で、母はどのように話を持っていくか構成を考えまして。

まずは、どうして泣くか?→泣くのは皆が困る→どうしなきゃいけないか?で、
「泣かないで頑張る!!」よし、がんばるぞっ、オー!!

てな感じで行こうと思いまして。

早速話し合い。

で、まあ、色々普段の家での行動も合わせて考えるに、母の意見としては、

あまったれ!!!!(親もあまやかしすぎ!!)

なんですよ。

息子の意見もわかります。
やろうと思ったのに先生がやっちゃった、とか。
毛布をたたもうとしたら、おねしょしてたから泣いちゃったとか。
ね。

でも。

あまったれ!!!なんです。基本。

でも、話し合いは冷静に。
と思っていたのですが。

夜テンションも手伝ってか。
どんどん乗ってきてしまいまして。
また、息子もノラリクラリのグズグズで明らかにわかってるけど、わからないフリしとけ!
って態度だったので。

いつの間にか話は、

大河君保育園辞めてくださいっていわれたから、明日からもういけないよ!
もうお友達にあえないからね!!
かわいそうだけど、仕方ないね!
泣いてもお母さんにはどうしようもないよ。
もう、このバックとかももういらないね!
捨てちゃうね!!

と、追い詰めまして。

やだーーー!!
と、さすがに本泣き。

で、そろそろいいか?と思い、
「でも、今まで見たいに泣いてちゃダメなんだよ!
どうしたらいい???」

で、ここで「泣かないで頑張る!」という言葉を期待してたのに。


途中で私の鞄に入っていたお弁当箱みて
「たいたいもお弁当たべたかった~~」
とか、また泣きそうになりながら言う始末。


ここまでも、さんざんグズグズいってたので、いい加減、ワタクシ頭にきまして。

「おまえいい加減にしろ!!
誰が今弁当の話なんかしたんだよっ!!
誰が今弁当食べるなんつった?!
そんなに食べたきゃ一生弁当くってろ!!!
保育園の話してんだろ!!!
明日から保育園いかなくていいんだな?!
もーーーー知らないそんな子!
(このあととてもお聞かせできませんが、しばらくこんな調子で続きました)!!!」

と、怒鳴りました。
フォントのサイズでいったら72くらいにしたいところ。


さすがに、息子も大泣きしつつもこりゃまずい!となりまして。

「言うこときけ!!
甘えるな!!!
反省しろ!!!」


の言葉にコクコク頷きながら、
「い、いうことき、きく!
もう、な、泣かないで頑張る!!
ほいくえん、いく!」

と、最初の構想とは大きく離れましたが、自分で言わせることに成功。

その後、泣き止んでしばらく呆然としていた息子ですが。

どうやら泣かないでいう、やる。
そうしなければならない状況になってしまった。ということが、やっと解ってきたみたいです。

その後から、別人のようにテキパキと行動し、いつもは泣きを入れる行動も進んでやり、母も
「泣かないでできた!!泣かなかったね!!すごいね!!!」
と、アゲアゲ作戦へ移行。

連絡ノートにも、「泣かないでやってみよう!!」が今のキーワードですから、そちらでも宜しく頼みます

と書いておきました。

翌朝も起きた瞬間は忘れて泣きそうになってたけど、「泣かないで言ってごらん?」というと
ハッ!!!
とばかりに言い直す。

すかさず、言えたね!えらいね!!とアゲまして。


以外に、すんなり改善したことに、きっとこの後また落とし穴があるんじゃないかという懸念はあるのですが。

また、やっぱり、先生などからこういう話を聞くのは、母も結構へこむんですよね。
ダメ母の烙印がまた増えた・・・。

でも、めげずに、とりあえず今は素直にこの作戦で、やっていこうと思います。

みなさん、お子さん叱る時ってどうしてます???
ismfileget.jpg←人生なめてま~す♪


nice!(3)  コメント(6) 

遠足~キャラ弁の悲劇 [保育園]

保育園では秋の遠足でした。

母は頑張って仮面ライダーダブルにトライ。
20091027072436.jpgsimple is best!!

ハッシュポテト的なものに、半分青海苔かけてトマトを目にして、きゅうりで角?をつけただけ。
(下にはから揚げとお野菜も入っているということをアピールしておきます)

この安易さが残念な結果を生んだ。

遠足は、電車に乗って井の頭公園の動物園へ。

帰ってきた息子にお弁当どうだった?たべた?おいしかった?なんかいたでしょ?
と矢継ぎ早に質問。

「うん、おいしかった、たべた。」

え?なんかいなかった?
「ハンバーグはいなかった。」
なんか、遠慮がちにいう息子。

うんうん、ハンバーグはいなかったよね。
から揚げだったもんね。

…。あれ?
わかんなかった?
ほんとにいなかった?


と、しつこくきいたのだが、お母さんが何をいってるのかまったくわかりません。と、父に困った顔を向ける息子。

どうやら、ほんとにいなかったらしい。

そうか、もしかして、リュックブンブンしちゃった?
と聞いたところ、うん、いっぱいブンブンしちゃった。

…。
そうか、きゅうりもトマトも吹っ飛んだな・・・・。

ということで、上にのせた写メをみせた。

あ!
と、なる息子。

ほんとは、お母さんこれ作ったんだよ~~。

息子もキャラ弁を期待していたらしく、結果いなかったことにがっかりしてたし、私も期待にこたえられず、がっかりでした。


でもって、気を取り直して、象さんみた?とか遠足の話に。

で、今日は何を抱っこしたの?
ときくと、

ヘルメット!!」

と自信たっぷりにいう息子。

もちろん、モルモットのことだが、飲んでた味噌汁を噴出した私でした。

そりゃ、リュックブンブン振り回したくなるよね。
なんとなく。


nice!(0)  コメント(2) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。