So-net無料ブログ作成
検索選択
猫~闘病 ブログトップ
前の10件 | -

たけさん厳しいとこです [猫~闘病]

まあ、相変わらずのてんやわんやで、特に最近は、2週間にわたり、子供たちが交互に熱をだしています。

お兄ちゃんもほぼ8日間、発熱しています。

最初は風邪だったのが、鼻からばい菌が入った感じで、長引いてまして。

やっとお兄ちゃんが下がったと思ったら、ゆうちゃんが、手足口病で、また寝込む始末。

私も、少々体調を崩しています。
なんだか、歩くとおなかが痛いんですよね。

胃薬をもらって飲んでいます。

そんななか、たけちゃん。
5月末から体調をくずして、貧血が再発していたのですが、いったん持ち直して、2週間前には割と好調に。

でも、今週に入って急にまた落ちまして。
今は、濃度が16%。

非常に厳しいですね。

この分だと、来週半ばには、輸血の範囲になってくると予想されます。
もう、打つ手もだしつくしたので、かなり厳しいかな。

もともと有給使い切ってる上に、ここ2週間の子供たちの発熱などで早退など繰り返してるから…。
会社も休めないしね。

ほんとに厳しいっす。


…本当は、仙人の薬を飲ませれば、たぶん復活します。

でも、やはり、それは本当に今の私たちには、経済的にも時間のやりくりにしても、精神的な負担にしても非常に大きいところ。

その選択はできないなぁ・・・。
と、思っています。

悩ましい毎日。

これでお腹が痛くなってるのかな・・・。


nice!(0)  コメント(0) 

たけさんの近況 [猫~闘病]

たけさん、3月にお誕生日を迎え8歳になりました。
もう、どっぷり中年の域です。

最近は、ステロイドを1錠にまで減量してから、特に変化もなくいたのですが、先月、久々に血液濃度が少し低くなっていました。

PCVが40%前後だったのですが、34%とたけちゃんにしては低いです。

ここからどう動くのだろう。
様子を注意してみているところです。

貧血時特有の、お風呂の床などをなめるしぐさも見られます。

おそらく、濃度は低めなのでしょう。

が、肝臓などの値は、非常によく、血糖値も現在正常。
それ以外は、いつになく、状態が良いです。

人間用の鉄のサプリなどをごはんに振りかけると喜んで食べているので、時々あげたりしています。

どうなることやら。

安定してくれればいいのだけど。

ちょっと、心配なこの頃でした。


nice!(0)  コメント(2) 

たけちゃん 7歳になりました! [猫~闘病]

たけちゃん、17日で無事に7歳になりました。

最近は、体調も落ち着いています。
でも、猫でいえば中年の年なので、いろいろ衰えも見えますね。
筋力が落ちて、体つきが少しショボーンとしてきました。
ジャンプに失敗して、ずり落ちることも。

でも、まだまだ元気です!

120318_203950.jpg

ゆうさんが産まれてから、全然かまってあげられなくなりましたが、たけちゃんもそれなりに楽しみを見つけている様子。
なんとなく、ゆうたの成長を見守っている感もあり。

大河と、ゆうたが遊ぶからね~。
もうちょっとまっててね~!

毎年決まり文句ですが、8歳も無事に迎えてほしいものです!


nice!(1)  コメント(2) 

やっと!タケちゃんの話 [猫~闘病]

ずっと書こうと思いつつ、どうしても後回しになってしまいましたが、今日こそはたけさんの話を。

最近の体調と、ステロイドの減薬について。

今年の4月から、ステロイドを減量し始めていたのです。

1錠と1/4を飲んでいたのですが、肝臓の数値が上がり始めてしまいまして。
貧血も落ち着いていたので、できれば体調の安定しているうちに、少しでも減らしたいということになってトライしてきました。

減らし方は、とっても慎重に。

最初の1月は、3日おきに1回1/4錠を上げない日を作り、数値(PCV)が安定していたら翌月は2日おきに1回あげない日をつくり・・・。

で、3ヶ月目、1に日おきにあげない日を作ったところで、数値が少し下がりました、

ただ、たけさんの普段の傾向としては、2~3ヶ月の間で血液のPCVが38%~45%を行ったり来たりするようなんです。

だから、いつものパターンの範囲で下がってきているのか、減薬の影響なのかを見極めるのがちょっと難しい。

でも、念を入れて、4月目は3月目と同量のままで減薬はせずに様子をみました。

結果、PCVはまた上昇傾向に戻ったので、5月目の8月は、1/4は完全にあげずに過ごしてみました。
今のところ45%→42%にまた下降していますが、ガクッと落ちなければいいんじゃないかな。

体調や食欲は変わらず、安定していますし、減薬成功となればいいんだけど・・・。
とはいえ、この後はもう減薬はしません。
当分はステロイドは1錠のままいきます。

どうか、PCVが安定してますように。
そして、肝臓の数値の上昇がとまればいいんですけどね。

というわけで、実に5か月かけて、1/4を減らしてみました。

白血病の診断が下って、そろそろ4年が経過します。
たけちゃん、よく頑張ったものだ。

偉い子。

まだまだ頑張るんだよ!

110514_120652.jpg  
↑ゴロゴロ中

110514_120744.jpg

↑窓の外に鳥を見つけた!!

110514_120818.jpg

↑また眠くなった・・・

って感じで毎日過ごしている彼。
お耳が少しピンクですね。
ピンクのうちは、貧血ではない証拠なので、いつもチェックしています。

 


nice!(2)  コメント(2) 

たけちゃん好調でございます [猫~闘病]

たけちゃん、12月に数値がよくなってきたのに続き、今月も好調でした。

PCV 42%→45%へ!

45%って、すごい久しぶりなんですけど。
昨年中は38%~41%をうろうろ。たまにちょっと下がったり。

たけちゃんのは割と、もともと濃度の濃い子なので、30%代になると、正常値の範囲とはいえ心配になります。

あきらかに、普段の体調もよさそう。

先日、久々に家の中を走り回る姿をみました。

病院の先生に言ったところ、いいことですよ~。と。
たけの爪をみても、研いだだけじゃなくて、走ったときにできるような、ささくれみたいな爪になっているので、走っていることがわかるとのこと。

食欲も安定しています。

12月から、DHEAというホルモンサプリを、ステロイドの副作用を軽減する目的で上げ始めたのですが、12月から調子がいいので、それがいいような気がしています。

もう少しあたたかくなって、数値が安定していれば、ステロイドは1錠と1/4から、1錠へ減量になると思います。

調子いいとはいえ、肝臓の数値と、血糖値は高いので、少しでもステロイドが減るとちょっと安心です。
うまくいけばいいなぁ。

101225_224526.jpg

最近、やっと息子から逃げなくなりました。
あきらめでしょうか?


nice!(0)  コメント(2) 

たけちゃんの近況報告 [猫~闘病]

便りの無いのは元気な証拠!
って、自分でフォローしてみましたが、たけちゃん、その後安定しておりまして。
なんか、書くと体調崩しちゃいそうな、変な不安もあったりして、なかなか書く気になれませんでした。はは。

ま、でも記録なので、先日の検査結果を書きたいと思います。

まず、ステロイドは2錠から1と4/3錠にしていた今月。

PCV 41%→40% 赤血球1000→900(ざっくりです)

1ヶ月で1%ダウン。

少し減っているけど、1ヶ月で!ということなので、まあもうちょっと様子をみようということになりました。

体重も、5.95から5.75とちょっと落ちました。
これは、ステロイドを減らした最初の2週間食欲も少し落ちたのでそのせいかなと思います。
その後、安定してきて、また良く食べるようになったので、もうちょっとこちらも様子をみていいかと思っています。

で、ステロイドは、更に4/1減らして、1錠半になりました。

先生は、とりあえずここからはしばらく減らさないつもりだそうです。

逆になぜ、減らしたいかというと、体への負担もありますが、2錠のんでて貧血になったら、もうステロイドは増量のしようがないのですが、1錠半であれば、再度貧血になったときに、2錠に増量できて、再度効果が期待できる可能性もあるからです。

でも、どうかな。
1錠半はなんとなくまずい気がします。

ここから、ちょっと様子を気をつけてみていかないとね。
1錠半にして、早速食欲が落ちています。
これが戻るか戻らないかが、勝負の分かれ目ですね。


でも、今は食欲が落ちただけで、お元気なので、毎朝起こしに来てくれるし、夜帰宅してちょっとゴロンとしてると、構って!!って顔の前に座るし、おかわり催促してもあげないと、ちょっとっ!!と爪立ててタッチしてくるし、あっちこっちでバリバリと爪研いでるし・・・。
ちょっと苦笑しつつも、そんな姿をみれて嬉しいです。

甘えんぼで可愛い奴なんですよね~♪

100623_215616.jpg「頑張ります!」


nice!(1)  コメント(3) 

嬉しい誤算 [猫~闘病]

先日は、2週間ぶりのタケちゃんの通院デーでした。

前回、1週間でPCVが36%から32%へと、緩やかに落ちていて、とうとう落ち始めてしまったか、という状態でした。

次に通院する時は、前みたいに1週間で10%以上のペースで落ちていれば、最後の輸血になる予定でした。
たとえ緩やかに同じペースで落ちたとしても、20%前半。
体調もかなり落ちているはずでした。


が、タイトルどおり、今回かなり嬉しい誤算が!

予想とは裏腹に、体調はそこそこキープしていたタケ。
食欲もステロイドを2錠にもどしたら少し復活してまして。


もしかしたら、キープしてるかも~~。
と、こっそり淡い期待をしていたのですが。


今回PCV 39%!!!
2週間で7%アップ!!
そして、正常値入り!!!

体重も増えていました。
5.8キロ・・・。
重いっす。


でも!
今回は復活するような治療してないんです。
だからなんで?????

プレドニゾロンが1.5錠から一寸前まで飲んでいた2錠という量に戻っただけのこと。

注射1本も打ってないし。


プレドニゾロンが、半錠ふえただけで復活するとは・・・。
これまで、注射なしに、半錠くらい増えただけで復活するなんて、ないことです。

ま、体調は、PCVが39%あるにしては悪いです。
食欲はギリギリ食べている感じだし、結構ぐったりしている時も多いです。
たまにすごーーーく具合悪そうな時もあるしね。
体的には副作用もあるだろうし、きついんでしょうね。

で。
検査の結果待ちの間は、
「体調と食欲は不思議と変わらないんですよね。
 もしかしてもしかしたら、キープしてるかもです~。
 ま、増えてることは考えられないですしね~。」

「うーん、ちょっと考えられないですね。せめてキープしてくれてれば~。」
なんて、会話をしてました。。

だから、先生と、増える意味がわからない!とお互い首をかしげておりました。
ほんとに嬉しい誤算です。

たけちゃんはお誕生日のプレゼントに、少し寿命を伸ばしてもらったのかもね。


でも。
実は落ち始めた最初に、仙人薬を3日間だけ、極少量をあげていたんです。

まさかと思うけど・・・。
またもや仙人薬が、かなりキーポイントなのでしょうか???
これはもう、わかるはずもないので、今の先生には報告してませんけどね。
まあ、仙人クスリだって、なんらかのステロイドらしいので、それを飲むことによって、ステロイドが増量になり、復活してきたと言うことならありえますね。

でも、色が砂色なんですよ。
そんなステロイドは、ネットで見れるような、よくあるお薬のなかでは無いんですよ。
漢方的な色なんです。

ほんとに、なんだろう???


で。
ということで、次は最後の輸血をして、お家で看取るという計画は少しだけ先延ばしになりました。


いつも頼んでいる漢方とかご飯とか、実はあと1月くらいかなぁ?と、少なめに頼んでいたのだけど、こうなるとまた頼まないとなぁ(笑)
また、お金が大変だけど、復活したなら、こっちも頑張るか。


でもって、次の方針として。

そうはいっても、プレドニゾロン2錠はずっとは飲んでいられない。
個体差はあるので、どれだけの期間飲んだらとは言えないけど、肝臓がだめになるでしょうと。

なので、一度、ググッと血液濃度を増やしたら、また1.5錠にもどして、少しでも減薬してあげましょうと。
で、また、落ちるでしょうから、そしたらまた2錠にもどして・・・。という延命にしましょう。と。


そうそう上手く思惑どおりに、貧血が復活してくれるかどうか?
でも、かなり乱暴な策でしょうけど、それしかないですね(笑)


にしても、とにかく、プレドニゾロンてすごいですね。
量の管理がこんなに重要だとはね。
これは、ジェネリックには、いくら安かったとしても、怖くて変えたくないな。
先生に確認しとかなきゃ。


次はまた2週間後に通院です。
肝臓の検査をする予定です。

とりあえず、どんだけ大変なことになっているかの確認をしましょうとのこと。
先生も、だいぶおおらかになったもんだ(笑)←いい意味でね。

タケちゃん、もう少し一緒にいましょうね♪


nice!(3)  コメント(2) 

どこまでやるか相談する [猫~闘病]

先日、予定の診察日より早めに病院につれていきました。
元気はあるけど、食欲がだいぶ落ちたので。

検査の結果は1週間前の検査と比べると

前回PCV36%→今回PCV32%。

約1週間で4%ダウン。
思ってたより、落ち方は緩やかですね。
ただ、じわじわ落ちていることは変わらず。

先生と、今後どこまで延命するかのお話し合いをしました。


結果、インターフェロンはそんなに効果なさそうなのでここで辞めて、この後、ステロイド注射になるだろうから、そちらに費用を回しましょうと。

で、ステロイドは、1錠半から再び2錠へ。


問題は、この後輸血をするかしないか。

先生的には、前回の輸血後は大量のステロイドの注射をしたけど、それと比べると、今回は、もうすでに大量のステロイドを使っているし、輸血した後、ステロイドももうこれ以上は増やせないので、現状と同じ治療しかできない。
今と同じ治療をして、再度血液を造るという可能性は極めて低い。

ただ、こればかりはしてみないとわからない。

だから、可能性は低いけど、1回だけなら、輸血をしてもいいと思う。
でも、2回目をご希望された場合は止めた方がいいと言う話をさせてもらうと思います。と。

また、輸血しても、ダメな時はすぐにまたストンと落ちるので、そこまで苦しみを長引かせることにはならなそう。

とのこと。

あの、貧血時の断末魔の叫びは、かわいそうすぎて聞いてられないですからね・・・。
苦しい時間は1秒でも短くしたい・・・。

で、私達も、あと1回だけ輸血しようかと考えていたので、そういうことなら、多分、この後貧血が進行したらダメ元で輸血するかなと思っています。


ということで、この後は、よっぽど急変しない限りは、PCVが落ちても、飲み薬のステロイドとビタミンDのみで、特に注射などせずに、ギリギリまで引っ張りましょうと。

で、PCVが15%程度になったら、輸血をして、ステロイドの注射に通って、ほんとに最後のチャンスにかけるつもりです。

ずっと、タケちゃんの延命を、どこまでやってあげればいいのかと苦悩していたので、方向性がみえてすっきりしました。


さてさて。

まだまだ丸々して、見た目はお元気そうなタケちゃんです。
声もにゃーん!としっかりしているし、今日はご飯作ってる最中に、盗み食いもしていました。
が、30%切ると、食欲がかなり落ちて、薬も飲めなくなってきます。
そうすると、落ちるのがかなり早まるだろうと踏んでいますが。

誕生日までは大丈夫そうですね!

100311_223902.jpg←今回体重はキープ♪

しかし、時折、仙人先生の顔が浮かぶんだよなぁ・・・。
いや~・・・。

無いでしょ・・・。

因みに、残っている仙人先生の薬は、最後の最後で投入予定です。


nice!(2)  コメント(3) 

タケっち~ [猫~闘病]

先日、病院の検査にて。
PCVが41%から35%に。
体重も100g落ちました。


とうとう、下がってきてしまいました。

数日前から、また食欲が落ちてきて、少し抜け毛が見えたので、気になっていたのですが。
もう、ステロイドもかなり高容量飲んでる今、ステロイドが効かなくなってきた可能性は無くはないけど、もう病状がかなり進んでいるという方が可能性は高いようです。


以前、こういう場合に、赤血球を壊しすぎてしまう脾臓を摘出するかという話もあったのですが、先生と、やっぱり脾臓をとっても血液が再生しないことには・・・。って話をして、脾臓はもうとらない方向です。
もうどうしようもないですね、などどある程度お互いの覚悟を確認。

やるだけやって、万策つきました。

あと1回輸血をするかどうか・・・。
私の気持ちとしては、あと1回だけ輸血をしたいと思うのですが、苦しいのを長引かせるだけになりそうなら、辞めます。

 

3月17日で5歳になるたけちゃんです。

誕生日迎えられたら嬉しいな。

検査からは1週間がたっている今日は、かなり食欲も落ちていて、お風呂の床なめもしているので、もう20%代だろうと思います。

なるべく一緒にいれる時間を作って、食べれるうちにおいしいものたくさんあげて、たくさん可愛がろうと思います。


nice!(1)  コメント(5) 

よくわからないんですよねぇ [猫~闘病]

たけさん。
どうなんでしょ。
なんだかんだ、前にご報告してから1ヶ月くらい経ってますね。

その間に2回通院して、2回検査をしました。

よくわからないというのは、復活し始めると、いい勢いで血が増えてくれるのですが、2週間ぶりの検査では

前回
PCV 36%→ 41%

今回
PCV 41%→ 41%

いつもなら、増え始めるとぐぐっと増えて、50%台にのる子です。
それが、減っていないのはいいけれど、ちょこっと増えてそのまんま。

治療は、2週間おきにインターフェロンをうっています。

実は、2週間くらい前から、朝階段を登って起こしにきてくれなくなりました。
1週間前から食欲もちょっと落ちています。
自分のベットからほとんど動きません。


だから、今回の予想では、食欲ないし、多少は減っているだろうから、今日はステロイドの注射してもらうかな?と思っていましたが、血が減っていないので、注射はしませんでした。


とはいえ、食事の量は、全体でみればまだ量はかなり食べていて、体重も5.7キロと増えています。

てっきり、減り始めているのかと思いきや、キープしてたし。
よくわからないなぁ。

ん?太りすぎ???

ステロイドを、高容量をもう1ヶ月半以上飲んでいるので、その影響がでているのでしょうか・・・。
きっと、細かく血液検査をしたらわかることもあるのでしょうが、費用的に今は無理です。
もどかしいですね。
ただ、検査をして数値の異常があったとしても、ステロイドをやめることはできないので、したところで・・・っていうのもありますけどね。


で。
心配はあるものの、今回の検査で、キープしていたので、ステロイドが、2錠から1錠半に少し減りました。

ここからが勝負です。
次は調子がよければ2週間後。
どうか食欲が戻りますように。
いつもながら、この緊張感耐えられないなぁ・・・。

シンケンジャーの最終回、一緒にみましたよ。
ちょうど息子の前に座ったモンで、息子見えない~って。
この山のような背中が前にきたら、見えないね。

息子半べそで、「たけちゃん、どいてよ~」
2010020721270000.jpg

「いまいいところだから!」

息子よ、ちょっと我慢しなさいね。


nice!(0)  コメント(2) 
前の10件 | - 猫~闘病 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。